バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

四次元へ(バカ自由律俳句)

何て冷たい便座だろう

 

夕暮れの山、夕暮れの雲、パンティー工場

 

ドラえもんみたいな色の餅一応焼いてみる

広告を非表示にする

元陸上部(バカ自由律俳句)

エロビデオで殴られたという傷痕父が誇らしげに

 

路上詩人の足が速い

 

エロ本修復するためにホームセンターへ行く

広告を非表示にする

遥か空(バカ自由律俳句)

ママ友に感化され女房モヒカンに

 

股間に塗った軟膏気遣いつつ外回り

 

CAのパンチラ求めて空見上げ

広告を非表示にする

こたつ de ポン(バカ自由律俳句)

桜見上げるたびにメガネがずれる

 

夕日の砂浜にすかしっ屁散らしている

 

お前が触った雀牌にもれなく蜜柑の白いやつ

広告を非表示にする

スキヤキ(バカ自由律俳句)

去年のスキー合宿でもパンツ焦がしたらしい

 

すき焼きのこと考えながらギアぶっ壊れた自転車押している

 

カピカピのしらたき胸にナイキのごとく

広告を非表示にする