バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

ストレス(バカ自由律俳句)

新しい髪型あざ笑うように鳥の糞

 

電子レンジの音響かせて焼き芋屋が通り過ぎる

 

酔ったキャバ嬢が柿泥棒で捕まる

広告を非表示にする

夢日記(2011年9月20日)

 知らない家の台所で、誰かに歌を歌わせられている。
 歌詞のない単調なメロディの歌(「未知との遭遇」の例の交信音を三倍くらいの長さに引き延ばした感じ)。
 しかし自分の喉から出ているはずなのに、明らかに自分の声ではない。
 気持ち悪さを感じるが、自分がその歌を歌わないとどこかのデパートのエスカレーターが動かないということを知っているので、やめるわけにもいかない。

*****

 せめてデパートで歌わせてほしい。

広告を非表示にする

歴史の足跡(バカ自由律俳句)

学校の花壇にパンティーにもブリーフにも見える布が

 

ストリートミュージシャンの真後ろで犬が気張っている

 

春画正露丸しか出てこなかった実家の蔵

広告を非表示にする

いつだってなぜか

窓の外眺める君はいつだって
なぜか少し寂しげで
ぼくの夢に出てくる君はいつだって
なぜか女ボディービルダーで

広告を非表示にする

香る女(バカ自由律俳句)

精力剤の瓶に厚紙の翼つけて甥っ子のロケット

 

ちんちんチョップの件で転校

 

デッサンモデルがカレー食ってきたらしい

広告を非表示にする