バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

目薬(バカ自由律俳句)

目薬で澄んだ視界に肥満児の地団駄

 

指突っ込んだ釣り銭口から食パンの袋留めるやつが

 

理想の乳輪で口論し湯豆腐冷めていく

 

桃から子どもドリアンから両親

 

恩師のケツの下悲鳴あげている犬のクッション

 

修理から戻ったロボットの猥談にキレがなくて

 

しかめ面のオカマがエスカレーターでゆっくり現れる

 

お嬢様のケツアゴに羽根ペンの羽根挟まった

 

社会科見学用の主任の差し歯真っ白

 

星見るために開けた窓から蛾とか小蝿が

広告を非表示にする

アルキメデス(バカ自由律俳句)

ふと見たワキ汗ふるさとの地図に似ていて

 

マジカルバナナしかなかったのかお別れパーティー

 

想い人の字が賢い象より下手

 

渾身の投げキッスボスゴリラに直撃し

 

野グソの傍ら何かの計算跡

広告を非表示にする

愛の密林(バカ自由律俳句)

久々の女子部員が角刈り

 

ブリーフ生乾きのまま山頂に着いてしまった

 

乳首つまんでオクターブ高くなり風呂場の鼻歌

 

ヒールレスラーの正体明らかに老婆で

 

蟻塚ほじくるオランウータンさておいて君抱きしめる

広告を非表示にする

擬態(バカ自由律俳句)

あの製麺所ロボになるとは

 

ラストダンジョンが部室のにおい

 

最初の文字「屁」でありダイイングメッセージ

 

ネグリジェおじさん金曜はピンク色

 

バウムクーヘンの穴から万引きGメンに見られている

広告を非表示にする

衣川(バカ自由律俳句)

我が体臭に動物病院大騒ぎ

 

革ジャンにファブリーズかけていて初日の出見逃し

 

屁の音次第に大きくなり線路沿いの我が家

 

放課後の教室からピアニカのルビーの指環

 

人生最高のエロ本見つけたラーメン屋の本棚

 

弁慶のごとく全身にローション浴びつつ風俗嬢逃がす

 

勃起と勃起の間に政治批判

 

信号機の上に陰毛

 

助手席のスケベ大根も潮風浴びて夕暮れ

 

無人駅で足の臭い確かめている女一人旅

 

美尻褒められた力士が負けた

 

デスメタル鼻歌に並木道

広告を非表示にする