バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

バカ自由律俳句(2019年10月15日)

マフラー巻いてやった地蔵が夢に出てきて「臭い」と

バカ自由律俳句(2019年10月14日)

保体の教科書だけぼろぼろ

なにぬねのうた

な かなかてにはいらないに じいろのローションでぬ るぬるね ばねばのの りすけおじさん

バカ自由律俳句(2019年10月12日)

飼い犬が一歩目で脱糞

バカ自由律俳句(2019年10月11日)

お前の屁でくしゃみ出たぞ

バカ自由律俳句(2019年10月10日)

猥談で疲れた少し眠る

バカ短歌(2019年10月9日)

誰もいないはずの廃屋の二階から包茎矯正リング転がってくる

バカ自由律俳句(2019年10月8日)

ダッチワイフにあいた穴へ夕日がさしこむ

バカ自由律俳句(2019年10月7日)

実家のどこかでたまごっちが鳴いてる

きらきら

きら、きら、きら 天から差した光の中をメンズブラがゆっくり降りてくる ほら、きら、きら

バカ自由律俳句(2019年10月5日)

砂ついた金玉がきなこ餅みたいだ

バカ自由律俳句(2019年10月4日)

聖剣の柄に大福の粉

バカ自由律俳句(2019年10月3日)

草に隠したエロ本巻き込んでミステリーサークルが

バカ短歌(2019年10月2日)

カバに餌あげる係と肛門を洗う係がハイタッチで交代

バカ自由律俳句(2019年10月1日)

風呂場に生えたキノコが俺に似ている

バカ自由律俳句(2019年9月30日)

寺の奥から千年前の陰毛が

たちつてとうた

た まきんをち かのつ めたいみずでて かてかになるまであらっていると きがたつのもわすれて

バカ自由律俳句(2019年9月28日)

君も尻相撲よりSwitchなのか

バカ自由律俳句(2019年9月27日)

何だ本当のソーセージの話か

バカ自由律俳句(2019年9月26日)

風邪の彼女がお粥を手づかみでいった

バカ短歌(2019年9月25日)

ブリーフの食い込み直してなかったら巨木の下敷きだったよあっぶね

バカ自由律俳句(2019年9月24日)

落葉目で追いながら野グソ

バカ自由律俳句(2019年9月23日)

良い方の差し歯が鬼怒川を流されていく

みんな

月が昇るたび抱きしめあう二人 朝日が昇るたびけたたましく鳴き始める子鳥たち 和尚の女装癖が再発するたび仏像が動き出して大暴れする寺 みんなみんな地球の上

バカ自由律俳句(2019年9月21日)

乳首の色選ぶから静かにしてて

バカ自由律俳句(2019年9月20日)

ウィンクで落ちたつけまつ毛が豚汁に

バカ自由律俳句(2019年9月19日)

あいつの好きなエロ本で千羽鶴

バカ短歌(2019年9月18日)

「電話!電話!電話鳴ってるよお!」と秘宝館に叫んでる近所の婆さん

バカ自由律俳句(2019年9月17日)

前歯のないババアが胡桃手に呆然としている

バカ自由律俳句(2019年9月16日)

エロ本埋めようとした場所に誰かのタイムカプセル