バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

短歌

バカ短歌(2018年8月15日)

川の水で尻洗っている教頭にスーパーボールをぶつけちゃいけない

バカ短歌(2018年8月11日)

占い師「あなたの頭蓋骨がコントの小道具になってるのが見える」

バカ短歌(2018年8月8日)

「パパパパパ、パパパパ、パンツ泥棒が出ただってぇ!?」とパンツ泥棒

バカ短歌(2018年8月4日)

12時の鐘が鳴るなり絢爛な馬車はカボチャに差し歯はコーンに

バカ短歌(2018年8月1日)

「木の実ナナ~!」悟空叫べばお空からビューンと飛んでくる木の実ナナ

バカ短歌(2018年7月28日)

ローションの水面に映る望月よみて、うさぎさんおいら、ぬるぬる

バカ短歌(2018年7月25日)

風が吹く。陰毛逃げる。我は追う。不思議の国のアリスのごとく。

バカ短歌(2018年7月21日)

泣きたくて顔を埋めたクッションが目に煎餅のカスをねじ込む

バカ短歌(2018年7月18日)

チェンジでと告げられ女は背を向けてデビルマンのテーマ歌いつつ去り

バカ短歌(2018年7月14日)

吐き出した西瓜の種は老いぼれし金玉に落ち決して芽吹かず

バカ短歌(2018年7月11日)

エロ地名に赤丸つけた地球儀がゴミ捨て場の隅朝の雨浴び

バカ短歌(2018年7月7日)

恋い慕う君に抱きしめられし時弁当傾き煮物汁漏れる

バカ短歌(2018年7月4日)

二日酔いの頭抱えて目覚めれば見知らぬ美女と緑の金玉

バカ短歌集「昇天」

金玉を挟むグッズとして第二の人生歩みはじめるガラケー * セロテープでごまかしてきた我がメガネついにそよ風吹いてバラバラ * 俺の魂運ぶ天使の指先がミカンで黄色い冬の昇天

バカ短歌三首

(土にエロ本埋めたらおっぱい生えてくるかなあ)「実は俺、転校するんだ」 * キャンディーになりたくて我が禿げ頭にザラメまぶして大声で泣く。 * 亜米利加に留学控えた姉ゴリラ寝言で「Don't kiss me, baby」と

バカ短歌三首

童貞をこじらせ叫んだ「ビーチク!」の響きに目覚めしヒグマの群れよ * ビール泡のおヒゲくっついた彼女見て確信するそのフレディ・マーキュリー面 * フェルメール ダヴィンチ ラファエロ ドラクロワ舐め尽くして去る怪盗イジリー

バカ短歌三首

俺が勝手に「痴女」と呼んでた駅前のオブジェのタイトル「痴女」だった * 夜なべして編んでた手袋完成し母さんまっすぐホストクラブへ * 先輩の乳首の色が凄すぎてスパーリングに集中できない

バカ短歌三首

眠られぬ夜に唱えし念仏はAV女優の名などまじりて * 呑みすぎた泥の頭に荷が重く紙切れしまま痺れゆく尻 * 親しんだ詩さえ我が目を滑りゆくパネルとあんなに違うだなんて