読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。土曜日更新。

母の横顔

夜のお店に勤めていた頃

明け方の風俗街から

三角木馬に縛り付けられた

上半身だけ燕尾服のおじさんを

荷台に載せた軽トラが

ビジネス街へ走り去っていくのを見て

都会は怖いところだと思ったわ

 

サツマイモを収穫しながら

母は田舎町の空を

仰いでそう語った

 

あの頃はお金もあって

男の人にも随分モテたのよ

一度銀座の寿司屋に行ったとき

若い板前がイカの刺身に

油性マジックで電話番号を書いて

そっと渡してきたこともあったな

大将にブン殴られてたっけ

 

たくあんをかじりながら

母は田舎町の風を

吸い込んで語った

 

母の横顔はりりしく

母の横顔はさびしい

母の吐息は少しだけ

煙草の香りがする

娘の私が嫉妬するくらい

母は美しい

 

顔も年収も平均以下で

休日のたびに駅前で

「おらが村にアニメイトを!」

の署名を呼びかけている父の

どこに惹かれたんだろう

広告を非表示にする