バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

夢日記(2011年3月10日)

 昔通っていた高校の、屋上へと通じる階段にいる。自分は担任のN先生を背負い、階段を駆け上っている。
 やがて屋上への扉が目の前に現れる。しかしそこから一歩も前へ進めない。確かに走っているし、自分の足音もこだましている。
 すると、知らない男の声で、「こうして僕はドブで死んだ」というナレーションが入り、目が覚めた。

*****

 N先生は石田ゆり子似の美人教師で、当時密かに憧れていましたが、なぜか子泣き爺的な役で登場。