バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

2015-04-04から1日間の記事一覧

擦り硝子(バカ自由律俳句)

十二時の鐘鳴って少女の差し歯コーンに戻る 乳首かゆくて寿司が握れぬと板前が駄々こねている 擦り硝子の向こうオカマの相撲 ポリデントしていて合コンに遅れる 下着泥棒の鼻歌明菜だった

夏の思い出

女装にいそしむ父の横で 鉢の朝顔が みるみる萎んでいった あの夏の夕べを 僕はきっと忘れないだろう