バカポエム

バカなポエムとバカな自由律俳句とその他色々を発表しています。

夢日記(2011年1月4日)

 何も無い白い空間にいる。
 遠くから人が近づいてきて、自分の前に立つ。女優の上野樹里。テレビで見るよりも幾分か背が高い印象。二人しかいないのに、妙な圧迫感がある。
 上野が突然「ほっぺたつねってみて」と言う。言われるがままに上野のほっぺたをつねる。するとほっぺたの肉が餅のように伸びる。
 面白い。
 体を大きくひねってほっぺたの肉を伸ばす。視界から上野が消える。その瞬間、肉がちぎれる。
 慌てて上野に向きかえる。
 すると上野は先程よりも体が小さくなっていて、どこか遠いところを見つめながら「痛い!やっぱり夢じゃない!」と言って走り去ってしまう。
 そこで自分は「これが夢の中の出来事であることに気づいていた自分」に気づく。
 夢の中にいたはずなのに夢じゃないと言われ、とても驚く。

*****

 夢日記をつけよう、と思ったきっかけになった夢。ちなみに上野樹里は好きでも嫌いでもありません。